富士山 御殿場 サイクルショップ シルバースポーツ 新車販売・修理 組立のできる自転車店

ロードレーサー・マウンテンバイク・クロスバイク等のスポーツ自転車のメンテンス・修理 ・組立をこだわりを持って取り組みます。自称、裏街道のサイクリスト!私は 御殿場市萩原633-2 シルバースポーツのオーナーです。ご来店をお待ちいたします。 10:00~19:30 水曜定休日です。

カテゴリ: メンテナンス

ホイールに貼ってあるタイヤを取り外します。リムを痛めないように、先の丸いマイナスドライバーかタイヤレバーで貼り付けの甘い個所を探して丁寧にタイヤとリムの間を突きぬけます。


3ブログ写真 013_R
少しづつ移動させて、リムからチューブラータイヤを外します。
3ブログ写真 014_R
最初から折りたたんである機械仕上げのタイヤは、外したリムに取り付けて2日程馴染ませるために
空気を入れて伸ばします。
3ブログ写真 017_R
空気圧は30psi位にしておきます。タイヤは腹を見せてひっくり返しになります。
バルブの根元を痛めないように、注意して上向きにします。
3ブログ写真 016_R
空気を抜いてタイヤを外し、リムに少し盛りつけるようにリムセメントを付けます。その後タイヤをバルブ口からホイールに貼ります。

普段はあまり取り扱わないママチャリの修理をします。
スタンドのロックばねの取付ボルトが壊れています。
3ブログ写真 063_R

スタンドを交換しました。
3ブログ写真 065_R

真っ赤に錆びたチェンで変速も不調です。
3ブログ写真 061_R

真鍮ワイヤブラシで錆を落としてから薄くスプレーでグリスを付けます。
チェンを新品に交換してスムーズに変速もできます。
3ブログ写真 064_R
他にハンドルの調整や、スポーク・ネジ類のさび落とし、ブレーキゴムの調整をしました。
これで今日から足として使えます。

4半世紀倉庫で眠っていたBMXを再生します。
すべてのパーツを外してワイヤーブラシを掛けました。
077_R

078_R

ヘッドとBB、ハブは玉当りの調整でオーバーホールは後日にします。
真鍮ワイヤブラシで優しくブラッシングして、錆や汚れを落とします。
3ブログ写真 003_R
チェーンは錆とオイルが固着しているので、新品に交換です。1,500円くらい
3ブログ写真 001_R


サドルはクッションの良いゲル入りのGP製GELfitサドルです。
色はトリコロールを意識してレッドです。4,000円くらい
3ブログ写真 002_R
エルゴノミックタイプのグリップは握った感じが優しさを主張してます。1,000円位
3ブログ写真 004_R





ヘッドのメンテナンスをします。ハンドルを外します。
IMG_4538_R
フレームを持ち上げ、フォークを抜きます。外したハンドルはワイヤーやアウターに負荷が掛からない様、注意します。
IMG_4514_R
下のカップとリテーナを外し、古いグリースを拭き取ります。
IMG_4524_R
IMG_4529_R
下玉押しをウエスで綺麗に拭き取りします。
IMG_4520_R
新しいグリスを塗り、フォークにセットしておきます。
IMG_4518_R
上のワンを取りヘッドの中も拭き上げます。
IMG_4523_R
上の玉押しを綺麗にします。キズが無いか調べます。
IMG_4526_R
IMG_4527_R
IMG_4528_R
リテーナ―はグリスを拭き取った後、玉の間 グリスを吹き飛ばします。
IMG_4530_R
上のワン・リテーナ―・玉押しに新しいグリスを塗り組付けます。リテーナ―の向きを間違えないよう外す時に、写メして置くとよい。
IMG_4531_R
IMG_4532_R
IMG_4533_R
IMG_4534_R
先程仕上げたフォークを差し込み上の小物をセットします。
IMG_4537_R
フォークの引き上げ(玉当り)具合を車輪を取りつけないで確認する。
IMG_4540_R
出来上がりです。


バイクのチェーンは定期的に清掃すると、良い事ばかりです。
バイクが綺麗、パーツが長持ちする、トラブルを防止できる。
IMG_4478_R
パークツールのチェーン洗浄工具「サイクロン」4.500円です。本体が分割でき、チェーンを挟みます。
IMG_4479_R
IMG_4480_R
専用のチェーン洗浄液「シトラスチェンブライト」2.000円を注ぎます。
下側の大きなブラシに洗浄液が付く程度、注入します。
IMG_4481_R
IMG_4483_R
変速をしながら、スプロケットもトップからローまで洗浄します。
IMG_4484_R
IMG_4485_R
IMG_4486_R
IMG_4487_R
サイクロンが抵抗するので後車をハブスタンドに固定して置きます。
クランクを回転させる時、ゆっくり廻すのがコツです。
IMG_4490_R
洗浄が終わったなら洗浄液をサイクロンから抜きます。
シトラスチェンブライトは生物分解性ですから、入れっぱなしにするとサイクロンを溶かしてしまいます。
IMG_4491_R
IMG_4492_R
IMG_4493_R
抜きとった液の汚れ具合です。
IMG_4496_R
洗浄後は不要な洗浄液をペーパーウエスで拭き取ります。
IMG_4498_R
IMG_4499_R
より汚れを取るには、エアで吹き飛ばします。
ホィールに洗浄液が飛ばないよう擁護します。
IMG_4513_R
好みのチェーンオイルを付けて完成です。

↑このページのトップヘ