アンカーロードバイクを組み立てます。
入荷したバイクボックスを開けるときは、いつもわくわくします。
IMG_1961_R
アンカー製のバイクはBB・フロントディレイラー・リア変速機・チェーン・
リアブレーキが取り付けてあるだけです。
IMG_1962_R
スモールパーツ等々の入ったボックスです。
IMG_1963_R
フロントフォークのコラムはヘッドチューブとステムの高さを計算して、
カーボン用の鋸でカットします。
IMG_1968_R
このバイクオーナーはロードバイクは初めての購入なので、
ヘッドコラムは高さ調整がしやすいように4cm確保しました。
IMG_1969_R
ステムの向きは乗車視界を確保するために、アッパーにします。
フロントブレーキを取り付けます。枕頭式のナットは10㎜から20㎜に変更します。
IMG_1970_R
コントロールレバーを取付するときは、左右のリーチを同じにする為に、
スケールを使用してポジションを決定します。
IMG_1971_R
ハンドルのクリアランスは左右のストレート部分で再度計測して調整します。
IMG_1972_R
フロントディレーラーの高さはシマノの規定値が1㎜から3㎜以内に設定されています。
変速レスポンスと、チェーンとガイドプレートの取り合えをチェックして高さを決めます。
IMG_1974_R
アウターチェンリングとフロントディレーラーのアウトガイトプレートが、
平行になるように設定します。
IMG_1975_R