空気圧の不足したタイヤで道路の穴や段差・縁石に体重を抜かずに通過すると、
大概の場合潰れたタイヤはリムでチューブを切り、パンクします。
IMG_4346
特徴はチューブの左右2箇所に穴が開くのです。

リム打ちパンクを防止する方法
タイヤに空気を月に1度入れる。硬さはタイヤサイドの空気圧似合わせる。
圧力ゲージが無い場合、目安として公式テニスボール以上軟式野球ボール未満なら
ほぼ大丈夫です。乗車する人の体重で増減するとよいでしょう。
走行中に穴や突起物を避けられない場合、サドルからお尻を少し浮かすとパンクしにくいでしょう。