富士山 御殿場 サイクルショップ シルバースポーツ 新車販売・修理 組立のできる自転車店

ロードレーサー・マウンテンバイク・クロスバイク等のスポーツ自転車のメンテンス・修理 ・組立をこだわりを持って取り組みます。自称、裏街道のサイクリスト!私は 御殿場市萩原633-2 シルバースポーツのオーナーです。ご来店をお待ちいたします。 10:00~19:30 水曜定休日です。

top画面の写真は、静岡市由比にある浜石岳707mのダウンヒルです。きみどり色のブレーカーが私です。このランはラピエールのマウンテンバイクです。 ロードレーサー・マウンテンバイク・クロスバイク等のスポーツ自転車のメンテンス・修理 ・組立をこだわりを持って取り組みます。自身も6台のシクロを乗り回し、御殿場市内から彼方此方と走ります。私は自称裏街道の達人です。    また、富士の麓 この地は御厨(みくりや)と呼ばれています。御殿場は 富士山・愛鷹山・箱根・丹沢に囲まれ、登り坂の数はヒルクライムの好きなサイクリストを魅了してます。 私は 御殿場市萩原633-2 0550-83-2121 シルバースポーツのオーナーです。ご来店をお待ちいたします。 10:00~19:30 水曜定休日

ヘッドのメンテナンスをします。ハンドルを外します。
IMG_4538_R
フレームを持ち上げ、フォークを抜きます。外したハンドルはワイヤーやアウターに負荷が掛からない様、注意します。
IMG_4514_R
下のカップとリテーナを外し、古いグリースを拭き取ります。
IMG_4524_R
IMG_4529_R
下玉押しをウエスで綺麗に拭き取りします。
IMG_4520_R
新しいグリスを塗り、フォークにセットしておきます。
IMG_4518_R
上のワンを取りヘッドの中も拭き上げます。
IMG_4523_R
上の玉押しを綺麗にします。キズが無いか調べます。
IMG_4526_R
IMG_4527_R
IMG_4528_R
リテーナ―はグリスを拭き取った後、玉の間 グリスを吹き飛ばします。
IMG_4530_R
上のワン・リテーナ―・玉押しに新しいグリスを塗り組付けます。リテーナ―の向きを間違えないよう外す時に、写メして置くとよい。
IMG_4531_R
IMG_4532_R
IMG_4533_R
IMG_4534_R
先程仕上げたフォークを差し込み上の小物をセットします。
IMG_4537_R
フォークの引き上げ(玉当り)具合を車輪を取りつけないで確認する。
IMG_4540_R
出来上がりです。


バイクのチェーンは定期的に清掃すると、良い事ばかりです。
バイクが綺麗、パーツが長持ちする、トラブルを防止できる。
IMG_4478_R
パークツールのチェーン洗浄工具「サイクロン」4.500円です。本体が分割でき、チェーンを挟みます。
IMG_4479_R
IMG_4480_R
専用のチェーン洗浄液「シトラスチェンブライト」2.000円を注ぎます。
下側の大きなブラシに洗浄液が付く程度、注入します。
IMG_4481_R
IMG_4483_R
変速をしながら、スプロケットもトップからローまで洗浄します。
IMG_4484_R
IMG_4485_R
IMG_4486_R
IMG_4487_R
サイクロンが抵抗するので後車をハブスタンドに固定して置きます。
クランクを回転させる時、ゆっくり廻すのがコツです。
IMG_4490_R
洗浄が終わったなら洗浄液をサイクロンから抜きます。
シトラスチェンブライトは生物分解性ですから、入れっぱなしにするとサイクロンを溶かしてしまいます。
IMG_4491_R
IMG_4492_R
IMG_4493_R
抜きとった液の汚れ具合です。
IMG_4496_R
洗浄後は不要な洗浄液をペーパーウエスで拭き取ります。
IMG_4498_R
IMG_4499_R
より汚れを取るには、エアで吹き飛ばします。
ホィールに洗浄液が飛ばないよう擁護します。
IMG_4513_R
好みのチェーンオイルを付けて完成です。

バイクを袋から出し逆さ状態にする。
IMG_4553_R
後輪を付ける。何枚目のスプロケットで外したか覚えておくと、ハブがスムーズにエンドに入ります。チェーンテンショナーを持って作業をすると手が汚れません。
IMG_4554_R
IMG_4572_R
IMG_4555_R
この時変速機を後に引っ張ってハブ芯がフレームのエンドに収まりやすくします。
ブレーキシューにタイヤがぶつかり易いので気をつけます。
IMG_4557_R
前輪を付ける。クイックハブを何回回して外したか覚えておくと良い。
IMG_4558_R
ブレーキのクイックを戻します。前輪後輪忘れずに!
IMG_4598_R
ブレーキゴムの左右の間隔を同じになるよう調整する。
IMG_4563_R
前輪が緩んでないか車体を5cmくらい持ち上げて車輪をトントンと叩きます。ビーン音がしたら再点検です。
IMG_4562_R
輪行袋をたたみます。チャックは開けたままのが空気が抜けやすい。
IMG_4588_R
折れ目に合わせ、中にディレーラープロテクター・スプロケットカバーを入れ丸めていく。
IMG_4594_R
IMG_4595_R


袋に入れたら、サドルに取り付ける。
IMG_4596_R

IMG_4597_R
完成です。
組立時間は5~10分が目安です。


↑このページのトップヘ